食事制限のダイエット、我慢のしすぎは太る?

ダイエットの方法として一番近道なのは、やはり食事制限でしょうか?

ですがダイエットをしたい、痩せるために頑張ると極端に食事を我慢して減らしてしまうと、後に待っているのは結局、お腹が空いて我慢できず、返ってたくさん食べてしまうのです。

さらに我慢できずに、それまでカロリー制限していたのに一気に食べると、リバウンドにつながったりします。

またリバウンドをすることで、それが自己嫌悪になりストレスがたまったり、摂食障害という可能性も否定できません。

そんな、ダイエットにありがちな失敗をしないための方法というのが、お腹が減ってたくさん食べてしまったとしても、失敗知らずなカロリーの低い食材を選んで食べるダイエットなのです。

この方法というのは、満足、満腹感もしっかり感じつつ、ダイエットを行えるメリットがあります。

ちなみに、このダイエット法の名前は満腹ダイエットと呼ばれています。

この満腹ダイエットの考え方の基本というのは、こってり脂質が多いメニューというのは、たしかに満足、満腹を得られやすいのですが、脂質のとり過ぎというのは消化不良とか太る原因になるので注意をします。

対してご飯や、麺類、さらにパンといった、いわゆる炭水化物というのは、食べた直後はたしかに満足感が得られます。

炭水化物は消化が早いため、時間が経つにつれ、お腹は減りやすくなります。

ですが同じ炭水化物でも、ご飯は水分が多く、お腹にたまりやすいので、パンや麺類よりはご飯を食べる方がいい…こういった理論のダイエット法なのです。

ただし、このダイエット方法は食べるものを正しく選択しなければいけないため、ある程度の知識が必要になります。

あまり考えすぎずダイエットをおこないたい、という方は1食置き換えダイエットが良いでしょう。

1食置き換えダイエットの参考サイトはコチラ…http://www.johnnyohagansirishpub.com/